飲み会に参加すると、ビールやワイン、焼酎など、
いろいろな種類のお酒を飲むことが多くなります。

これらのお酒のうち、ビールなどの醸造酒を飲み過ぎてしまうと、
カロリーの摂り過ぎで肥満に近づいてしまいます。

原料を発酵させ、そのまま活用したアルコールが醸造酒であり、
これにはワインや日本酒なども含まれます。

また、飲み会後に「締めのラーメン」などを食べるケースも多いです。

ただ、こうしたことを続けていると、簡単に太ってしまいます。

そこで、「太りにくいお酒の飲み方と選び方」や
「飲み会後の食欲を抑える方法」について解説していきます。

・醸造酒は少量に留め、蒸留酒に切り替えてカロリーを抑える

飲み会に参加した人の多くは、最初にビールを注文します。
なかには、ビールを何杯も注文して飲み干す人もいます。

ビールやワインなどのように、
原料を発酵させて作るお酒を「醸造酒」といいます。

一方、焼酎やウィスキーなどのように、
醸造酒を蒸留させて作るお酒を「蒸留酒(スピリッツ)」といいます。

焼酎などの蒸留酒は、蒸留によって
原料のカロリーが失われているため、
ビールなどの醸造酒に比べてカロリーが少ないです。

そのため、醸造酒を飲むよりも
蒸留酒を飲んだ方が太りにくいといえます。

ただ、醸造酒と蒸留酒とのカロリー差はごくわずかです。

そのため、1杯や2杯などの量であれば、
醸造酒を飲んでも蒸留酒を飲んでも、
カロリーに大きな差はありません。

しかし、6杯、7杯と飲む量が増えていく場合、
醸造酒と蒸留酒とのカロリーの差は大きく開いていきます。

お酒でのカロリーの摂り過ぎを避けたい場合、
ビールなどの醸造酒を飲むのは最初の1杯か2杯あたりにとどめ、
3杯目以降は焼酎などの蒸留酒に変えてみてください。

こうすることで、お酒からのカロリーを抑えることができます。

飲み会などでビールを飲む人のなかには、
「惰性」で飲んでしまっている人もいます。

つまり、その場の雰囲気で何となく
ビールを飲んでいる場合があるのです。

このような場合、お酒による酔いで
正常な思考ができなくなる前に、
ビールから焼酎、ウィスキーなどの蒸留酒に
変更してみてください。そうすれば、

結果的にお酒でのカロリー摂取を抑えることができます。

また、焼酎やウィスキーなどの
濃い蒸留酒が苦手な場合には、
チューハイ(蒸留酒を別の飲み物で割ったもの)や
ハイボール(ウィスキーに炭酸水を加えたもの)などの、
薄めのものを飲むのも良いです。

なお、蒸留酒を飲む場合にぜひ選んでいただきたいものとして、
「ウーロンハイ」があげられます。

ウーロンハイは、「ウーロン茶」を
焼酎などで割って作ったお酒(カクテル)です。

ウーロン茶には、「ウーロン茶重合ポリフェノール」
という成分が含まれています。

ウーロン茶重合ポリフェノールは、
脂肪の吸収を抑える作用があります。

この働きにより、揚げ物などの
おつまみを食べる場合であれば、
脂肪の蓄積を抑えることができます。

・飲み会終了後の食欲は、食べたものを思い出してかき消す

飲み会が終わった後、人によっては空腹を感じて、
「締めのラーメン」と称してラーメンを食べに行く人がいます。

大抵の場合、飲み会ではお酒だけでなく
いろいろなおつまみを食べます。

そのため、本来であればラーメンなどを
食べるほどの余裕はないはずです。

それなのに、飲み会の後に食事を摂りたくなってしまう人は多いです。
これには、「飲み会特有の性質」が関係しています。

飲み会の場合、食事を摂ること以上に
「人と話すこと」の方に意識が向きます。

さらに、私たち人間の脳内では、
1度に1つのことしか処理できません。

そのため、より意識の集中が必要な
「人と話す」ことに、脳が重点的に働きます。

これにより、飲み会で実際にたくさん食べていたとしても、
食べた気がしなくなってしまいます。

その結果、飲み会での食事で満足できず、
「食事を摂りたい」という気持ちが芽生えてしまうわけです。

それだけではありません。
アルコールには食欲増進作用があります。

胃液の分泌を促進して消化を良くするため、
結果として飲み会後であっても食欲がわいてくるのです。

そこで、飲み会後に食事したくなる気持ちを抑える方法として、
「飲み会終了後、飲み会で食べたものを思い出す」ことがあげられます。

このとき、実際に食べたものの味や
においなどをできるだけ強くイメージします。

この方法を取ることにより、
「飲み会でたくさん食べた」という記憶を
脳に認識させることができます。

すると、飲み会での食事の満足感を得ることができます。

その結果、飲み会の後に起こる
「何か食べよう」という気持ちを抑え込むことができます。

飲み会では、お酒を飲むことで気が大きくなり、
羽目を外してしまいがちです。

しかし、「太らないように気を付けなければ」と思って
我慢し過ぎてしまうと、せっかくの飲み会を楽しむことができなくなります。

したがって、ここまでの内容は、
なるべく我慢せずに肥満の蓄積を抑える方法になります。

ソース 深井良祐

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事