初心者でもlineするだけで稼げる簡単な方法を解説する動画と教材のご紹介

lineするだけで稼げる簡単な方法【友達】

lineするだけで稼げる簡単な方法は
LINE@を使う事だと理解できたはずです。

では、その後は、どのような作業をするのか?

それは、LINEを利用する時と同様で

「友達」

をできるだけ、多く作ります。

その方法は複数ありますが
簡単なのは、以下の3つです。

●Twitter

●Facebook

●LINE掲示板

この3つの媒体を利用して、友達を作ります。

しかし、意味のない友達を作っても
収益につなげることができません。

ですので、LINE@アカウントを作る時に
どのような情報を発信していくのか
事前に決めておくと良いです。

例えば、一例として
ゲーム攻略法の情報を発信するLINE@などです。

それが決まった後は
TwitterやFacebookなどでも
同様のアカウントを立ち上げています。

そのTwitterやFacebookなどでも
ゲーム攻略法の情報を発信していきます。

そうすると、ゲームに興味がある人が集まるので
LINE@に登録するように促すのです。

LINE@に登録(友達)になれば
後の作業は、それほど難しくありません。

ゲーム専門であれば
友達が必要とする情報を定期的にメッセージし
たまに、ゲームアプリのインソールを
推奨するだけです。

ゲームアプリなどは
無料ダウンロードしてもらうだけで
報酬が発生する広告案件がたくさんあります。

それらに、誘導して、報酬を発生させていきます。

これが一番簡単に
lineするだけで稼げる方法です。

 

LINEで稼ぐ方法の友達の作り方

LINEで稼ぐ方法は、友達を増やすことが大切です。

検索エンジンを無視する代わりに
LINEの友達を増やしていきます。

その方法は、7種類あります。

●LINEスタンプを使う方法

●Instagramを使う方法

●掲示板を使う方法

●TwitterやFacebookを使う方法

●外注を利用する方法

●専用テンプレートを使う方法

●公式広告を使う方法

 

 

 

 

 

 

 

この度 このLINEアフィリエイトプログラムを紹介する谷口政男と申します。

私はトップアフィリエイターとまでは、いきませんが
本業とは別に副業でアフィリエイトをしています。

最近の直近の報酬を例として出しますと…


(載せても良さそうなものだけ公開しています。)

他にも情報商材なども加えると、もう少しありますが
そちらは、合算しておりません。

このように一つのASPの拘らず、だらだらと
工夫した方法で稼いでいるのですが
一時的な短期のアフィリエイト案件などもありますので、
分かり易く言うと副収入で 月に30万~50万前後を本業とは別に
アフィリエイトで稼いでいるまだまだ掛け出しのアフィリエイターです。

そんな収入を
「LINEを活用して稼いでいる」といったなら、どんな方法だと思いますか?

LINEというツールは、今ではスマホユーザーであれば、殆どの人が
当たり前のように活用しているコミュニケーションツールです。

LINEと言えば、トークと呼ばれる、チャット機能、
そして電話と同じ無料通話が可能となっています。

友人、家族、恋人との連絡手段としては、今のご時世では、
「当たり前」の存在になっています。

今、この手紙を読んでいるあなたも、LINEを使っているのでは、ないでしょうか?

いつも使っているLINEでお金を稼げるわけですから寝耳に水だと思います。

なぜなら…
「プライベートの通信手段でもあるLINEを使って金儲けする」

そうなると、家族や友人に怪しまれたり、嫌われる可能性を
懸念してしまうからです。


「仮にLINEが収入を生み出すシステムになったとしても不安が残る」

そう思う人が殆どでしょう。

もちろん「迷惑行為」とも感じるかもしれませんが既存の友達に迷惑行為を
行うようなものでは、ありません。

これを言い出せば、Facebookで稼ぐ、Twitterで稼ぐ、ミクシーで稼ぐ…
この手の部類からメルマガアフィリエイトに至るまで 同等だと思います。

少なからず稼ぎが増えてくると、迷惑に思われる事は、普通にあるものです。

どのようなビジネスでも小銭しか稼いでない人は、綺麗事を並べますが、
大抵は、多くのお金を継続して稼いだ経験の無い人達です。

ただ、何にせよ、「LINEで稼いでいる事」を「周りに知られたくない」と思う筈です。

私が紹介する方法は、LINEをビジネスツールとして活用しますが
「ビジネスとして活用していること」を友人、家族、恋人に
知られる事には、抵抗を感じるものです。

しかし、私が紹介する手法は、既存の友達や家族が LINEを使って稼いでいる事を
他言したりスマホを見られたりしない限りは、知られる事なく行える方法
なのです。

もちろん私もLINEアカウントを所有し、同時にビジネス展開していますが、
プライベートの友人に知られる事もありませんし、ビジネス展開しているLINEの
友達にも プライベートのアカウントを知られる事は、ありません。 

だからこそ、既存の友達に何かをお願いしたり
何かをセールスするような事は、勿論のこと、一切無いのです。

あくまでも、「Twitterでフォロワーを増やして収入を増やす」という事と、
やる行為は、ほぼ同じなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既にLINEをビジネスに導入し半年で2000万円の売り上げを達成したり、
1通のメッセージを送信する度に50万円稼いだりするような、
現実では、耳を疑うような話が、知らない間に現実になっています。


「そんな馬鹿みたいな話がある筈ない」

このように思われる人も多いと思いますが、
メールの開封率のおよそ25倍以上が開封され、
成約率もメールの5倍を超えると言われる機能面の問題だけでなく、
LINEの利用者数はスマホユーザーの大半を占めている現状を踏まえれば、
これらの数字は、とても現実的なものです。

例えば今から7年~8年も前には、メールマーケティングが
全盛期だった頃があります。

今で言う、メルマガアフィリエイトです。 

もちろん今でも健在ですが、既に衰退気味で、その原因の一つが
スマホの普及、そして多くのスマホユーザーがメールよりもLINEを
使い始めるようになったからです。

一般的にメールよりも便利で早くてお互いのメッセージを
スムーズに行えるものがあれば、わざわざ劣るものを使おうと思いません。

だから、どんどん「メールは見ない」という人が増加しているのです。

つまり、「LINEさえあればメールは必要無い。」 これが現実的な話です。

メルマガが増えすぎて到達率の悪さも勿論あるかもしれませんが
もうメールというツールが世の中では、必要ないものになってきているのです。

もしかすると、メールというものは、数年後には、既に「過去のサービス」になっているかもしれません。

例えば、「存在はしているけど、殆ど使われなくなってきた」と言われる
公衆電話のようにです。

一昔前は、固定電話が当たり前の時代で、
公衆電話を頻繁に使う人が多かったような時代でしたが
今では、利用者が減りつつあります。

今現在の総務省のデーターでは、およそ半分に近い人が、
「公衆電話を利用した事が無い」と回答しているのです。

今後も次々に公衆電話の利用者数は減り続ける一方でしょう。

これらの背景には、携帯電話の普及が大きく関係しています。

今では、スマートフォンの普及率は、軒並みに増加しています。
あまりピンと来ない方も居ると思いますが、 スマートフォンの普及率がこちらです。

※総務省のページのデーターより

「掛け放題」やLINE同士ならば「無料通話」もできる時代ですので、スマホを持ってる人には、
電池が落ちた場合などの緊急の場合ぐらいしか使い道がないと言えるでしょう。

スマートフォンが当たり前の時代になっていますが そんなスマートフォンから
「より確実にメッセージを瞬時に伝えられる」ツールとしてLINEの普及は急加速したのです。

既に2017年10月では、アクティブユーザー数は7000万人を越えているようです。

2017年のLINEの決算説明会の資料


データー引用元
https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/library/Q2_presentation_JP.pdf

つまり日本の人口が およそ1億2700万人ですから
人口に対して半数以上が利用している事になるのです。

これをスマートフォンユーザー 数で考えれば
殆どのスマートフォンユーザーがLINEを使ってると言っても
過言では、無い筈です。


「メールの確認は、滅多にしないけど、LINEは、リアルタイムで見る」

という人が圧倒的に多いのです。

単純にメッセージを送れる相手が数多く入れな居るほど、
情報の拡散率、伝えたい事を同時に伝える事が可能になるのです。

あと少しすれば、メールというツールも
今の公衆電話のような存在になる確立は、十分あるでしょう。

これは、既存のFacebookや、Twitterという
一般的なSNSでも言われている事です。

ネットビジネスは、全共通してアクセスが無ければ稼げません。

ブログでもサイトでも、アフィリエイト広告や、
アドセンスを貼った所で、訪問者が来なければお金になりませんし
どれだけ良い事を書いても読まれなければ意味が無いのです。

しかしアクセスを自由に集める事ができれば、
伝えたい事を伝えたいだけ伝える事が可能になります。

おまけにLINEは、多くのアカウントを取得する人が今の現時点では、
TwitterなどのSNSよりは、非常に少ないものです。

一般的には、1人一つのアカウントです。
つまり、全体のアカウント数に対して密度が高いのです。

だからこそ友達を増やせば増やすだけ アクセスに変えたり
そのアクセスから報酬に結び付けする事が可能なのです。

 

 

 

 

 

 

「アクセスが金になる」という話は、WEB広告を見れば一目瞭然です。

例えば、Yahoo!のトップページに多くの広告が表示されていますし検索結果にも
様々な広告が表示されます。

TwitterやFacebookでも広告が表示されています。

これらは、広告主が、お金を払って広告を出しているのです。

もちろん、中には、アフィリエイト広告を出稿している人も非常に多く、
広告料金を払っても報酬で利益になるからこそ広告を打ち続けているのです。

もちろん属性にもよりますが、既に人が集まる環境が整っているからこそ
広告を出して売れるという流れができているのです。

もちろんLINEでも同じ事が言えます。

属性に見合った友達をたくさん集める事ができれば、その「友達」という仮想世界の
輪の中に情報を発信していくことで検索結果のように一時的ではなく、継続的に、
おまけに広告料金を支払わずにアピールする事が可能
なのです。

LINEの強みは、メールとは異なり、
高い開封率、高い精読率が見込めるのです。

友達になれば、いつでもどこでも伝えたい事を「より確実」に
リアルタイムで伝える事が可能なツールがLINEなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、「確かに友達数が多ければ稼げそうだけど文章力がないと難しい」
考える人も多い筈です。

中にはコミュニティー力に自信が無い人も居ると思います。

「友達とどういう会話をすれば良いのだろうか」
「友達にどういう文章を送ればお金になるのだろうか」
「複数の人にメッセージを送るなんて自信がない」

このように思われる方も多いと思います。

私も人付き合いやコミュニケーションが苦手ですから
気持ちは、十分理解できます。

しかしご安心下さい。

もちろんこのLINEビジネスでは、LINEの友達を増やしますが
現実的な友達とは違います。

リアルの友達のように電話で会話をしたり、日常のやり取りをする必要が無いのです。

おまけに、LINEで長々とした文章を相手に送信するような使い方は滅多にしないのです。

どちらかと言えば短文で、要点だけをまとめて送る事が一般的です。

また、画像や動画というものも、瞬時に送信できるのです。

LINEは短い短文で送信する事が基本で、
メールマガジンのような長い文面は、殆どあり得ず、
画像などのデーターも瞬時に送信する事が可能なのです

もちろん今回、私がお伝えする方法は、
便利なLINEの機能を使い倒して
「リアルなお友達とのやり取りする」という話とは違います。

もちろん、友達と実際に通話をして何かを売り込む事もありません。

つまり人の集団の中に入ってコミュニケーションを取る力でもある、「コミュニティ力」やセールスに必要となるような文章力が無くても報酬を積み上げる事が可能なのです。

 

 

 

 

 

このネットビジネスの業界では、
「文章を書く事が嫌いです。(きっぱり)」このように主張する方が
多いです。

友達が何人居ても文章力が無ければお金にならないと思う人も居るかもしれません。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教材のご紹介です。

⇓⇓

LINEで稼ぐ方法(サポート無し)

http://admall.jp/af.php?shn=10000681&aff=10014137

 

LINEで稼ぐ方法(サポート無し)

 

http://admall.jp/af.php?shn=10000680&aff=10014137

皆さん、稼いでいますか?

私が、アフィリエイトを始めたころに、苦労したことなど、

これからアフィリエイトまたは、物販、YouTubeを始めようと

いう、初心者に、アドバイスできることがあれば、伝えていきたいと思い

このブログも立ち上げました。

優秀な超アフィリエイターさんは、いっぱいいます。

いきなりむつかしいノーハウを学ぶのは大変ですよね。

一緒に、成長していけたらいいですね。

特典

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

情報商材アフィリエイトは実績がないとできない

そう思われている方も多いようですが、これは完全にウソです。

あなたは、初めて訪問したブログで、管理人の実績を確認しますか。

私は、「記事が面白いか」「コンテンツが充実しているか」をみます。

トップアフィリエイターのブログは、すべて実績を載せているか。

そんなことはありません。

逆に「俺は稼いでるぜ」「私は稼いでいる」だけを強調しただけでは、感じが悪いと反感を買うこともあり、

マイナスに働く可能性もあります。

アフィリエイトを紹介しているサイトは

確かに多いけど、そこの管理人の人ってそんなに

稼いでいるものなのかな…と……^^;

そもそも作者自身も、そんなに稼いでいるようには、

思えない部分もあったりするんですね。

「今のご時世、これだけじゃね…」というのが僕の感想でもあり

今の情報商材アフィリ市場や紹介している人サイトなどを見れば

「内容の物足りなさ」つまり、大きな成果に直結するとは思えないんですよね^^;

確かに基本操作など役立つと言いますか

価値が全くないとは言わないけど、ここまでの内容だと

恐らく伸びないだろうな~と言う部分が多数ある。

むしろ今の情報アフィリ業界を見れば

それも一目瞭然なわけです。

情報商材アフィリエイトの代名詞のようになっているけど、どうなのかな?と思える部分は、

多々ありますね^^;

無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール
スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事